51)オールバック     99.7.17

 長年慣れ親しんだ頭髪の七三左分けをやめて、オールバックにした。理由は、絶対量が少なくなってきたのが、第1。髪の毛というのは不思議なもので、上部が薄くなってきても両サイドと後ろは、減らずにどんどん伸びる。伸びた分は面倒だから後ろへ後ろへとやるから、散髪屋さん行きをズボラするほど、実質ヘアスタイルはオールバックになっていく。それなら、いっそ初めからというのが、第2の理由。

 オールバックの御利益は、まず散髪屋であれこれ説明する必要がなくてすむ。「六四」だの「七三」だの、「左で分けて心持ちバックに」だのと注文しなくても「オールバック、耳にかからない程度」と言って、あとは居眠りしてればいいのだから、楽だ。それと、突風で乱れたとき、鏡を見なくても後ろへス〜っと梳いておけばいいのだから、簡単だ。夏になってもう一つ御利益がある。汗かきゆえ、タオルで頭をごしごしと拭いて、櫛で後ろへ一梳き。これも簡単になった。

 先日、運転免許を更新したが、おでこばかりが目立って、肝心の頭髪は七三なのかオールバックなのか、いまひとつわからない。要するに、どっちでもいいということだ。何だか空しい結論になってしまった。(^_^)


inserted by FC2 system