47)フセイン国王とハム    99.2.8

 ヨルダンのフセイン国王が亡くなった。王亡き後の中東の政治情勢も大変だろうが、フセイン国王と言えば ハム(アマチュア無線)の世界では熱心なハムの仲間の1人として有名だった。コールサインは「JY1」。 ハムのコールサインは普通、「国を表すアルファベット+地域を表す数字+個別のアルファベット」で構成されるが、 フセイン国王のコールサインは「国+地域」だけ。コールサインも別格だった。

 世界のハム150万局の住所、氏名を載せているアメリカのコールブックによると、フセイン国王は「Alhussein Ibn Talal, Box 1055, Amman」で、QSLカード(交信証)はアメリカのハム・WA3HUPが中継の労を取っていた。 コールブックのヨルダンの項をクリックしていくと、JY1NH,JY2FH,JY2HBH,JY2HT,JY2MT,JY3AK,JY3EL などが フセイン国王と同じ住所、つまり王家の一族なのだろう。一族そろって趣味の世界でも国際親善に一役かっていたわけだ。

 残念ながら、フセイン国王はもちろんヨルダンのハムとは、まだ交信していない。名簿を見た限りでは、新国王は ハムを趣味とはしていないようだ。仮にコールを持っていても、当面電波を出す余裕などないことだろう。新国王をはじめ 王家一族の皆さんが、再び世界のハム仲間に向けて電波を出せる日が1日も早く来ることを祈りたい。


inserted by FC2 system