69)マイライン騒動   2001.6.18

 電話会社の選択を事前登録するマイラインが始まって半年。事務処理は依然として遅れ気味で、混乱が続いているようだ。筆者も3月18日に申し込んだが、3カ月後の今日、マイラインセンターに電話で確認して「1カ月前に登録された」ことを知った。

 市内、県内市外、県外市外、国際の4種類について、それぞれ好みの電話局を固定登録すれば、料金を割引してくれるマイラインプラス。自分の使い方の場合、一体どこの電話会社が一番割安なのか、いまひとつわからなかったが、とりあえず「市内はインターネットの関係でNTT、他は某社」に申し込んだのが、3月18日。あとは報道されたように、申し込みに事務処理が追いつかず、マイラインのスタートした5月1日現在でも、積み残しがわんさと出た。我が家もそうで、5月中頃に「処理が遅れています」とのお知らせが来た。仕方ないので、市外局番の前に“00**”を付けてかけていた。

 ところが、数日前に届いた某社の請求書に付いていた明細を見ると、“00**”を付けていないはずの通話も、ちゃんと載っている。どうやら登録はすんでいるらしい。で、マイラインセンターで確認した次第。コメントは予想通り「登録済みのお知らせハガキも処理が遅れています。申し訳ありません」だった。通信スピードの高速化にしのぎを削っていても、人間の知恵が及ばないことが現実にいくらでも起こる好例が、マイライン騒動という教訓を残した。


inserted by FC2 system