【運用開始】
 飯田さんが機内持ち込みで苦労して持参したリニアアンプ“HL-1K”(500W)を,まず宮川さんがIC-738につなぎ,動作を確認します.過電圧の表示が出たため,内部の結線を変更して無事OKに.ACは120Vありました.こういうことがあるので,半田ごてなど最低限の工具は必須です.過去の利用者が残していったものが結構ありますが,あまり当てにしない方がいいでしょう.

 21日19:54UTC(14:54EST、22日04:54JST),まず私が14MHz-CWで軽く“CQ”を出してみたら,すかさずW1IRWがコール.すぐにパイルになって,断続的に1時間ほどランニング.約70局がログに記録されました.PY,XEの各1局を除いて全部USAでした.この時間帯は,こんなものなんでしょう.

 一番のポイント“JA”との交信ですが,第1号は22日08:09UTC、7MHz-CWでのJA2BAYでした.1局置いてJA2CXFと交信できたので「JAといけそう」と思ったのですが,なかなか続きません。すぐに“W”の渦に巻き込まれてしまいます.このあと,JAとの交信が連続し始めたのは,11時UTCになってからでした.

 ピックアップしてコールしても返ってこない局が結構ありましたので,日本側でつぶしあいになっていたことは想像できました.SPLITにした方がいいのはわかっていたのですが,IC-738のSPLIT機能がどうもうまく働いていないのでは・・・という疑いがあったので,あえてオンフレを続けていました.結局,3日目からはRITを使ってSPLIT運用を行いました.

inserted by FC2 system