【さあ本番】
 私は1月14日に一足先に日本を発ち,まずフロリダ州オーランドの娘宅に落ち着きました.今回は事前に“Cobra UltraLite Junior”というアンテナを注文してあったのを,裏の庭に給電点6mhくらいに上げてオンエアしました.日頃JAからは遠いカリブの珍しいエンティティーと難なくQSOできますので,爽快です.Hi
 このFLからの運用では,CQ誌の連載「今月の電波伝搬予報」(by JA1CO)をコピーして持って行き,参考にしました.FLでの運用でカリブ〜JA間の伝搬状況を何となく把握できたため,後日,島での運用にも大いに役立ちました.

 20日,娘一家とマイアミに向けて出発.1泊して翌日マイアミ空港で,飯田さん,宮川さんと無事合流し島に向かいました.Providenciales空港にはJodyさんが出迎えてくれ,レンタカーの手続きをすませたあと,シャックに向かいましたが,実は空港の税関で3人のうち2人が引っかかり,スーツケースの“open”を命じられました.おじさんの域を超した3人が怪しげな荷物を持って到着したのですから,無理もありません.Jodyさんのレンタルシャックは結構繁盛しているようなので,彼女の名前を出せばOKとタカをくくっていたのが大外れでした.税関の担当官はハムのことは何もご存じないようで,機器類の一つ一つについて説明を求められたのには,まいりました.

 FLに比べると,1月とはいえ島は暑くて,トレーナーを脱いで身軽になりました.荷物はJodyさんの車に預けて,レンタカーであとについて走ること約10分.メーンの通りから折れて,舗装なしのガタガタ道を行くと,立派なタワーが2本目に飛び込んできました.バックには鮮やかなカリビアン・ブルーが広がっています.さあ、わくわくの“DX Vacation”の始まりです. 写真は、シャックの屋上で、Jodyさんと記念撮影。バックはカリブ海。 inserted by FC2 system