【License】
[1st stage]
 Check "Public List of Available Callsigns" on Web site of WIA.
 
   http://www.wia.org.au/licences/licensing/publiclist/

[2nd stage]
 Apply "Amateur Station call Sign Recommendation" to WIA.
 (1) Application
 (2) Certified copy of passport (*)
 (3) Certified copy of license  (*)
 (4) Travel travel arrangements by agency
 (5) Copy of air ticket
 (6) Copy of ETAS(Visa)
 (7) Fee AUD 20.60 (Accepted credit card)

 (*) Copy of passport and license need a sign by "Police, Medical Practitioner, Dentist, Pharmacist, Bank Manager, etc."

      I have sighted the original document and certify this to be true copy of original.
              Date..........
                   Dr.Med.Sci
                    ***** ******

[3rd stage]
 Apply "Apparatus license" to ACMA.
 (1) Application
 (2) Amateur Station call Sign Recommendation
 (3) Certified copy of passport (*)
 (4) Certified copy of license  (*)
 (5) Travel travel arrangements by agency
 (6) Copy of air ticket
 (7) Copy of ETAS(Visa)
 (8) Fee AUD 65 (1 year, not accepted credit card)

 オーストラリア領では、90日以内の短期なら、特に手続きをしなくてもアマチュア無線を運用できます。 その場合、コールはJA3AVO/VK9XW3AVO/VK9Xのように、ホームコールに運用地を付けます。

 ちょっと長いのですが、これがイヤなら正式に申請してVK9X*とかVK9X**をもらう方法もあります。ただ、オリジナルのコールをもらう手続きは、かなり面倒になっています。

 まず、コールサインを管理している地元連盟のWIA(Wireless Institute of Australia)に推薦書を発行してもらいます。このさい添付するパスポートやLicenseのコピーには、博士、弁護士、医者などの肩書きのある人の“Certify”が必要です。

 次は、この推薦書を元に、日本の総通に当たるACMAに正式の申請です。この申請書が結構記入項目が多くて、何と書いていいのかわからないところがあります。それと手数料の支払いですが、WIAへの申請はクレジットカードがOKでしたが、ACMAへの申請手数料はクレジット不可です。

 わたしの場合、8月18日にWIAに申請。9月5日にACMAに申請して、10月2日にライセンスが届きました。Webサイトによると、「3ヵ月の余裕をみて・・」と書いてありますが、実際は1ヵ月半ですみました。 inserted by FC2 system