【シャック】
 シドニーと島を結ぶフライトの重量制限が厳しくて、1人当たりスーツケースが14kg。十分な機材を持ち込めず、長いポールとリニアアンプも諦めたため、力強い電波を送り出すのは不可能な設営となりました。

 私たち6人は3部屋に分宿しましたが、オーナーのご厚意で使っていないダイニング・ルームをシャックとして提供していただき、その前の庭に、Cobra Ultralite Junior(80m〜10m)、Vertical160m〜)、デルタループ(6m)を張りました。
 事前にDesさんとメールでやりとりして、現場の情報をかなり収集したのですが、アンテナを張るための木の状況は想定を超えて難しいものでした。

 Rigは200W機2台と100w機1台の計3台を持って行きましたが、200W機が1台送信不能で、6mビーコンを常時発射することができなくて、6m-ファンの方々の期待は裏切ってしまいました。
 フィルター類も重量制限の壁で持ち込めず、Bandによっては回り込みが時々発生して、Keyerの暴走やPCのフリーズなどに悩まされました。


シャックの前でアンテナ設営中
リグ2台をセッティング
Cobra Ultralite Jr.
Vertical
  6m用デルタループ
inserted by FC2 system