挑戦宣言       03.1.13 記
 2003年1月12日、西宮で開かれたJARL阪神クラブの新年会の席上、先日来の迷いを吹っ切るため、米国ハム(アマチュア無線)のライセンス取得を宣言した。こうでもして、自分で自分の背中を押さないと踏み切れないと思ったからである。

 現在、日米間にはハムの相互運用協定が結ばれているから、日本のハムの資格を持っていると、アメリカでも電波を出すことはできる。実用上は何も苦労して米国の免許を取る必要はない。ともすれば退化するしかない脳みそを鼓舞するため、あえて挑戦してみよう、簡単に言えば「ボケ防止対策」というわけだ。

 手始めに、JH0IXE相宮さんの「私の受験体験記」をのぞいてみた。冒頭に名古屋での試験VECのスケジュールが載っている。直近は2月16日(日)。これはちょっと近すぎて、勉強が間に合わない。次回は6月15日(日)。ちょっと間延びしそうだが、これに照準を当てることにする。

 アメリカのハムの資格は日本ででも取れる。認定された日本のハムによる試験が実施されているからだ。テロ以後のアメリカについて、いろいろ言われているけれども、ことハムの免許に関して言えば、何と粋なことをやってくれるではないか。「アメリカで郵便を受け取れる住所があること」という要件があるが、フロリダに娘一家が住んでいるので、問題はない。いざ、挑戦!! inserted by FC2 system