【ウィーン Wien】 市電でホイリゲへ
 プラハからブダペストに移動する間にウィーンが1泊入ってる。私は19 年前、奥さんは2年目にウィーンを訪問しているのと、ちょっと疲れも出て きた頃なので、午後の市内観光はツアー一行から離れて自由行動にしてもら った。といっても、そんなに時間はなくて、地下鉄“U3”に乗ってフォル クステアーター駅で下車。モーツアルト像のある王宮庭園や、英雄広場周辺 をのんびり散策した。

 早めに夜の会食場所であるグリンツィンのホイリゲに向かうため、地下鉄 “U2”でショッテントーア駅へ。こう書くと、いかにも手慣れた感じだが、 真相は必死で地図や機械と格闘しながらの移動なのだ。実は、最初に乗った 駅(ウィーン西駅の一つ西)の切符自動販売機で「1日フリーチケット」を 買おうとして、ガイドブック通り“6100”を押そうと思ったら、なんと 「数字のボタンは8までで、9と0がない」?!?! 出だしからお手上げ で、隣でチケットを買っていたお嬢さんにSOS。新型の機械だったのだ。

 ガイドブックによると、ショッテントーア駅で市電に乗り換えるのが便利 とある。「また乗り換えで頭を痛めそうだね〜」と話しながら、地下鉄を降 りて地上に出ると、目の前が市電の乗り場。おまけに大きな“GRINZING”行 きの看板のついた市電がちょうど停まっていた。終点がグリンツィンだから、 もう心配ない。かなり早めに着いたので、目指すホイリゲではちゃっかりト イレだけ借りて“See you soon”。ホイリゲの銀座通り“コベンツル小路” と“ヒンメル小路”をブラブラと見学して回るが、2人とも以前訪れたホイ リゲはみつからない。どうやら場所が違うらしい。歩き疲れて小公園のベン チで休憩していたら、目の前で見慣れたバスがストップ。無事仲間と合流し た。 inserted by FC2 system