【ドナウ・ベンド】
 ウィーンを発ってハンガリーに入り、国境沿い、つまりドナウ川沿いに東 に移動すると、エステルゴム(Esztergom)という町に出る。この町や、もう 少し東よりにあるセンテンドレ(Szentendre)などを「ドナウ・ベンド」と呼 ぶそうだ。東進するドナウ川が南に方角を変えて首都ブダペストに向かうあ たり。私が買ったオーストリアのガイドには、プラハとブダペストも紹介さ れているが、雄大なドナウ沿いの2つの静かな町については載っておらず、 ほとんど予備知識はなかった。

 エステルゴムも他の町と同様、大聖堂と教会が観光の定番だが、この町の 大聖堂と教会は他とはひと味異なっていた。大聖堂”=写真左=の宝物コレクションは金 や宝石をふんだんに使った一品ぞろい。マリア・テレジアからの贈り物も展 示されていた。
 教会に入って印象深かったのは、第2次大戦どころか、ず〜っと昔のオス マン・トルコ時代の傷跡がしっかりと残されていたこと。モスクにされ、彫 像の頭が壊されたり、顔をつぶされた、古い礼拝堂を教会の隅に移設し保存 してあるのだ。

 ドナウ川は、ドイツから黒海まで全長約2800km。ハンガリー国内は 600kmもある。ドナウ・ベンドのドナウ川は、砂浜や波の音がまるで海 を思わせる趣だ。ちなみに“ドナウ”はドイツ語で、“ダニューブ”は英語。 ハンガリー語では“ドゥナ”(Duna)。首都ブダペストで道に迷ったら「ドナ ウ川の方角を聞けばよい」と教えられたが、一度迷って“Duna?”と聞いた らわかってもらえず“ダニューブのことか?”と問い返された。 inserted by FC2 system