【国境と通貨】
 ドレスデンからチェコ国境まで、バスで約1時間。EU諸国間の移動は最初の国で通関をすませれば、あとは簡単になったが、非加盟国のチェコへの入国は30〜40分かかったように思う。初めに女性係官が乗り込んできて パスポートをチェック。しばらく待たされて今度は男性係官がパスポートを集めて降りていった。男性の方がチェコ側なのだろう。やがてスタンプが押されて戻ってきて、やっと入国。

 うちの奥さんは、だれから聞いたのか、チェコに入る前から「チェコは男性天国」と言っていたが、なるほど国境を越えてすぐの土産物屋でトイレ休憩となったとき、その隣の建物の前に足を大きく上げて組んでイスに座って いる女性がいる。これまた、うちの奥さんの観察によると「あれは明らかに○○○」。真っ昼間から国境近くの幹線道路サイドで“営業”とは、何ともはや大らかなことである。

 通貨は「1マルク(写真)=約50円」から、「1コルナ=約3円」に変わる。チェコからオーストリアに入ると、通貨は「1シリング=約8円」に変わり、ハンガリーへ入ると通貨は「1フォリント=約0.4円」に。ああ、ややこ しい。早くEU加盟国を増やして、ユーロが使えるようになって欲しいものだ。フォリントは原則国外持ち出し禁止で「最初の両替時の明細書を大事に取っておいて、出国時に再両替するように」と注意されたが、ほぼ使い切ってしまった。 inserted by FC2 system