【マニュアル】
 このアンテナは、くわしいマニュアルがインターネットで公開されていますので、事前に充分検討することができます。
 pdfファイルで50ページくらい。もちろん英語ですが、そこは好きな趣味のこと。辞書なしでも何とかなります。
 写真は、今回上げる40m&30m用オプションの3エレ。マニュアルの表紙写真には、南極で風速75mph=時速120km=約33m/秒に耐える3エレが写っています。

【新旧比較】 2007/06/09


 6月末締めの仕事が入っているため、工事はかなり先になりそうです。  今は2本上がっているアンテナを見上げると、3エレ1本になる工事後は「すっきり」した感じになりそうですが、性能の方はどうでしょうか。

   現在        SteppIR
 TA-341 14MHz 短縮4el   3el Full-size
       21MHz  〃    〃
       28MHz 4el    〃
 RN-4MCX 7MHz 短縮DP  DP 実質Full-size
        10MHz 〃    2el ちょっと特殊
        18MHz 〃    3el Full-size
        24MHz 〃        〃
        50MHz なし       〃 

 重  さ 22.5kg+6.5kg   19kg+2.94kg
 最大長 9.8m            11.7m

【回転半径】 2007/06/10


 導入に当たって一番気になったのは、回転半径。そこで、透明のプラスチック紙に赤でSteppIRの縮尺図を書き、同じ縮尺の敷地図に重ねて、回転させてみました。  絵のアンテナの方向は、W6..。あんまり厳密な図ではないけれども、公道側はぎりぎりセーフ。私道側は、以前から方角によってはDipoleが少しハミ出していましたが、タワーを上げていると、ほとんど気にならない程度。下げている時は出来るだけアンテナの方向に気をつけています。 inserted by FC2 system