グラナダ Granada


アルハンブラ宮殿

 イスラム時代はグラナダ王国の首都であった。標高700mほどの高地にあり、アルハンブラ宮殿を中心に イスラム色が濃く残っている。

 アルハンブラ宮殿は、スペインのイスラム教徒最後の王朝、ナスル朝のモハメッド・イブン・アルマハマルが 、13世紀後半に創建した。
 スペインがキリスト教徒に奪回されてからも、丁重に保存され、イスラム文化を今日に伝えている。


   
inserted by FC2 system