【ガイドさんがいない!】

 パソコン通信“FMELLOW”の上海オフが締め切られて、間もない2月の初め。新聞の折り込みを見ていた奥方が「¥39,800.の中国、これ行こっ」と、突然の宣言。旅は欧米指向の我が奥方。「どないなっとんねん」と異議を差し挟む暇もあらばこそ、2/28発、3日間の中国行きが決定したのでありました。奥方いわく:「398のパック旅行とは、いかなるものか???? いざ、見聞or検分しようではないか」と。

 時差1時間、2泊3日なので、海外旅行という緊張感ゼロ。出発前夜の2月27日、小さい手提げバッグを各1個。海外旅行定番のスーツケースはなく、機内持ち込み荷物だけ。関空本拠の車預かり業者にマイカーを預けることにして、いざ出発。旅費が¥39,800.とはいえ、ビザ関係に1人7,200.関空までの移動に「車預け賃\7,500.高速約\3,000.」が加わって、結局1人¥5万はかかる勘定に。それにしても、パスポートの1ページをまるまる占領して張られたビザ=写真=の何と立派なこと。

 順調に出発し、予定通り2月28日昼、上海浦東空港に到着。総勢27人。新しくて広くて立派で、きれいな近代空港に感心しつつ出口へ。ところが、10社くらいのパック・ツアーお迎えの札を掲げたガイドさんたちの中に、我らツアーのガイド氏の姿は見えません。結構あっちこっちパック・ツアーを利用したけれど、出迎えのガイドさん不在は初めての体験。参加者は近場の旅行の割には慣れた御仁が多いのか、あわてず騒がずノンビリ、ガイド氏の登場を待つハメになった。“398”はこんなもんか、前途多難?の思いも脳裏にチラチラと。  (つづく) inserted by FC2 system