【ライトナー博物館 Lightner Museum】

   元は、1888年、ヘンリー・フラグラーによって、スペインのセビリアにあるアルカサール・ホテルを模して建てられたホテル・アルカサール。1930年に経営難で閉鎖され、47年にシカゴのアンティーク収集家、オットー・ライトナーが買い取り、彼のコレクションを展示する博物館となった。

 コレクションは実に多彩で、1階は宝石、衣類、おもちゃなどビクトリア時代を代表する展示品。時代物の楽器の演奏会もあって楽しい。貝類、鉱物、インディアン工芸品などの科学・産業関連展示室もある。
 2階は、ガラス工芸家、ルイス・コンフォート・ティファニーによるカットグラスなどの作品や、フロリダ最初のスチーム・バスなどが展示されている。3階はコイン、切手、家具など。 inserted by FC2 system