【サンマルコス砦 Castillo de San Marcos】

 1695年、マタンザス湾を見下ろす海岸べりに完成して以来、難攻不落の砦として町を守ってきた。砦の屋上には70門余りの大砲が並び、スペイン統治時代の姿のまま保存されている。中は20ほどの部屋に分かれていて、弾薬庫、牢獄、そして教会もある。

 この砦の壁は石垣ではなく、貝殻の破片からできたコキーナと呼ばれる石灰岩で作られていて、よく観察してみると貝殻があちこちに露出しているのがわかる。
   
inserted by FC2 system