【ダミーでテスト】 
 試験電波発射に備えて、ご近所まわりを始めました。自治会など、いつもはヨメはんがウロウロしているので「何事でっか?」と聞かれます。これまでの200Wでは全くトラブルはないようなので、とりあえずはホッ・・。「趣味の世界も大変やねぇ」と。

 封印していたアンプDXV500Zをセッティング。アンプの上の箱はMFJ994B,600W対応のオートチューナー、手前はTS-480SATです。

 DXV500Zのカタログ定格は「1.8〜7MHz=500W,10〜18MHz=350W以上,21MHz=300W以上」となっていますが、やってみるとカタログどおりです。ドライブ電力はローバンドは30Wで十分ですが、ハイバンドは40〜50Wに上げる必要があります。

 それにダミーでもチューニングをきちんと取らないと、SWRが少しでも上がるとアンプが落ちます。「以上」=「上限」の感じです。元々移動用のアンプですし、値段からみて、こんなもんでしょう。 inserted by FC2 system