【電界強度確認表】 
 事前にわかっている数値をエクセルの表に入れると、電界強度が自動計算されて、基準値に比べ「合格」(○)or「不合格」(X)が表示されます。

 無事○が表示されれば問題ないのですが、不幸にもXの場合は、同軸ケーブルの損失や、八木アンテナの垂直ビームパターンを入手して減衰係数を入れます。SteppIRの垂直ビームパターンはビームクエスト社から頂きました。

 当局の場合、タワーが低くて、SteppIRの高さが15mしかないので、地上の人の高さ2mを差し引くと13m。しかも公道との距離がほとんどありませんから、結構厳しかったです。聞くところによると、検査で実測すると大抵は机上の計算より低いということなので、楽観はしていますが・・・。

inserted by FC2 system