【Arubaで米国入国】
 米国マイアミに向け出国手続きをすませてゲートに向かったら、途中に預け荷物を受け取る“Baggage claim”があり、荷物がどんどん出ています。「あれ、なんで?」と思いながら進むと、大柄のおじさん2人が通る乗客に声をかけています。どうやら、「荷物をピックアップしなさい」と言ってるようです。

 台の方に戻ると、なんと私たちのスーツケースがすでに出ているじゃないですか。結局わかったのは、スーツケースを持って米国への入国手続きを、ここArubaで行う必要があるということでした。

 目的地に向け出国手続きをすませた空港で目的地への入国手続きを、しかもスーツケースを持ってやるなんて初めての体験です。この結果、マイアミへは純粋の国内便で、マイアミでの米国入国手続きは不要でした。 inserted by FC2 system