Amtrack '98.7.28


 28日(火)は LA から San Diego まで、2時間半の列車の旅。Hotel New Otani のすぐ側に「Amtrack」の Union Station がある。

 ここで、冷や汗の一悶着。待合室での時間待ちのとき、娘がチケットを見ていて「おかしい。これは 一人分や。前金で2人分払ってあるのに」と。 チェックイン窓口へ引き返すと、発券したオジサンはいない。別のオジサンにクレームを言うと「知らん」と言う。ここら当たりが日本のJRさんなどと違って無責任きわまりない。娘がわめくと、さきほど 発券したオジサンの席付近に行った別のオジサン、ニヤッと笑って戻ってきた。1枚カウンターに 残っていたのだ。

普通座席は1人$23、ちょっと贅沢して「カスタム」クラスにしたので、$34。発車してすぐ、コーヒーとクッキー、それに新聞(USA Today)のサービスがあった。日本で見た新聞の広告企画特集を読んで乗ってみる気になったのだが、試乗記を書いた記者ほどの感激は味わえなかった。記事は、元記者の立場で言えば「まあ仕方ないかな」と思う程度の脚色だが、一旅行者の目で感想を言えば「ちょっとオーバーじゃないの」ということになるかもしれない。

しかし、飛行機ばかりの旅に、のんびりした列車を混ぜるのもいいものだ。 inserted by FC2 system