[マシンガンと強盗]

 12日は予約していたバスが迎えに来てくれない。先日のツアーでも2ー3人定員オーバーで乗れずに困っていたが、これが「メキシコ的」ということなのかも。そろそろ疲れも出てきたころなので、ツアーは諦めて、この日は市内をブラブラ。

 販売もするという国立民芸品博物館へ行ってみたが、門が閉まっていて前には警官そっくりのガードマンが2人。入りにくいこと。そういえば、主な交差点には防弾チョッキに身を固めた警官がマシンガンを持って立っている。銀行の前にはもちろん 武装したガードマンが。ディスコの前にもいる。

 支局長によると、夜中に郊外へ帰るのにTAXIを利用すると、運転手がピストル強盗に変身するので「いくらテキーラを飲んでも自分の車で帰る」そうだ。日本ではTAXIが客の強盗にやられるのに、メキシコでは運転手が強盗を兼業しているのだから怖い。ガイドブックによると、高速道路では、武装したゲリラ強盗団が出没するそうで、料金所にマシンガンを持った警官がいるのを見て、納得。 inserted by FC2 system