[2月11日 MEXICO・CITY]

 昼は相変わらず遺跡巡り。11日のテオティワカン遺跡ツアーは大きいバスに客は12人。きょうもガイドは英語と スペイン語で、チンプンカンプン。しかし、事前にガイドブックを読んでいるから、遺跡そのものは何とかわかる。
 テオティワカン文化は、紀元前数百年の昔にさかのぼるそうで、この神殿都市の原型は紀元初めの時代にできあがっていたらしい。太陽のピラミッドは、基底部が220m四方、高さが65m。神殿都市の総面積は18平方km。最盛時には 6万人の人口を擁したとか。

南国らしく、サボテンが

 とにかく広い。自由行動ということで解散したときに英語を聞き違えたらしく、FREE・TIME後の集合場所にバスが来ず、1人ポツン。白タクがうようよしているので、目の玉の飛び出そうなペソをふんだくられる運命かと、一瞬絶望的な気分に。門番のオジサンが「その会社のバスはGATE1ではないか」と言うので、トボトボと歩いていたら見覚えのあるバスに遭遇、変な日本人を皆さん何とも言えない表情でピックアップしてくれた。   inserted by FC2 system