M

E

X

I

C

O

 96年1月末、長年勤めた新聞社を繰り上げ定年退職。気分を一新するため、2月2日に日本を出発、フロリダ州オーランド(Orlando)にいる娘を訪ね、約1週間フロリダ州をレンタカーで旅行しました。
 そのあと、無謀?にも単身メキシコへ。英語が不自由な悲しさ。珍道中そのものでありました。 もちろん珍道中ゆえの楽しさも満喫して帰ってきました。

[2月7日 MIAMI>CANCUN]

 一人になって珍道中の始まり。メキシコの空港の通関は、自分でボタンを押す福引のようなシステムで、運よく青でフリーパス。赤だと荷物を全部開けて調べられるそうだ。公営のTAXIチケット売り場でコレクティーボ(乗り合いバス)の切符を買って無事ホテルへ。さすがに暑い。ベランダからカリブ海が一望に。水は青い。これがカリビアン・ブルーなるものか。ボインのYL(女性)がたくさん甲羅干ししている。

 この日の夜は、セントロ(市内中心部)へ行こうと早速やった失敗が、乗ったバスが逆向きだったこと。ホテルゾーンの南端(終点)まで行って気がついてUターン。セントロでも、降りた所が持っていた地図の範囲外で、またウロウロ。おのぼりさんそのものだった。

 しかし、CANCUNのバスはコツを覚えると便利で安い。待つ間もなく次々とやってきて、バス停でなくても降ろしてくれるし、手を上げればどこでも乗せてくれる。これで1回3N$(ペソ)=約42円。 inserted by FC2 system