リスボンあれこれ

【サンタ・ジュスタのエレベーター】
今日の行動の手初めにサンタ・ジュスタのエレベーターに乗る。通りのビル より少し高い程度だが、丘の上のサンジョルジェ城をはじめ、港や街並みが 360度で展望できる。リスボンの通天閣という風情だが、エレベーターの運 転係は公務員なのだろう。アップ&ダウンの度に記録をつけている。ドアの開 閉もその都度カギを穴に突っ込んでガラガラッとやる。片道1分くらいのエレ ベーターにしてはたいそうなことだ。きつい坂の上にもびっしり街並みが広が るリスボンでは、このほかケーブルカーもあり、単なる観光用ではなく生活の 必需品にもなっているそうだ。

【ケーブルカー】
ホテルの隣のフォス宮横からケーブルカーに乗って、高台のバイロ・アルト 地区へ。終点の横がサン・ペドロ・アルカンタラ展望台。ライトアップされた サンジョルジェ城が美しい。サン・ペドロ・デ・アルカンタラ通りを100m ほど南下すると、16世紀に日本の天正遣欧少年使節団が滞在したというサン ・ロケ教会がある。ここは最終日に中に入って見たが、使節団に関する資料や 記録などはなかった。

【ルミナリエ?】
坂を下って歩行者天国のあるバイシャ地区に戻ると、夜の目抜き通りは通りご とにテーマが異なるユニークなネオンで色取られ、夜の散策を楽しませてくれる。 音符ばかりの通り、楽器ばかりの通り、天使をアレンジした通りetc...。 神戸のルミナリエほどの派手さはないが、リスボン市民のアート感覚、遊び心 が伝わってくる。 inserted by FC2 system