4)家族旅行     97.1.29

 2人の子供が小さい間は、年に1度は家族旅行をするようにした。小豆島、別府、高浜、城崎、伊豆、金沢、 飛騨高山など、民宿を利用した旅は楽しい思い出ばかりだ。

 シーズンは夏だが、困ったのはロングランの事件が起こって、休みを取れるメドの立たないとき。また、い ざ出発の前の日に事件が突発して、旅行がダメになることもあった。費用はすべてパーになるし、子供は1週 間くらい口をきいてくれないのだから、参った。「仕事だから」をわかってくれるような年齢になっても、ご 機嫌が悪くなるのは避けられない。

 いつしか息子の方は「大きくなったら新聞記者には絶対ならない」と決意したようだった。ところが、その 息子が最初に就職した旅行会社を5ヵ月で辞めて、2年間のフリーターを経て新聞記者になった。入れ替わる ように、私は繰り上げ定年退職して元記者に。

 家族旅行が途切れたのは、息子が大学受験のため浪人したころからだろうか。4人そろっての家族旅行はも う無理だろうが、最近は4人とも海外づいて、思い思いに旅を楽しんでいる。


inserted by FC2 system