【SSTV】 1975.6
 SSTVに最初に挑戦したのは1975年。6月14日付け、7MHz〜144MHz帯で「3F5」の変更許可を得ています。

 送信機の付属装置を見ると、カメラの系統図です。紙にマジックインキで書いた文字をカメラで撮って送ったように思います。もちろんモノクロです。
 受信は残像を利用したブラウン管式でした。1画面を表示するのに8秒かかりますから、一番下までスキャンされた頃には上の方の字はサヨナラしかけてます。現在PCで簡単にカラー画像を送受できることを思うと、隔世の感ありですね。

 その後、JA3ATR小山さんらと一緒に、ICを100個くらい使ったキャラクター・ジェネレーターをつくりましたが、キーボードから自由に文字を入力できるというだけで、紙にペンで書くより「ちょっと便利」という代物でした。ICが100個!! 今やれと言われても出来ません。(^_^;) inserted by FC2 system