【RTTY】 1982.5
 RTTYの変更許可を取ったのは、1982年(昭和57年)5月。休眠?期間中に新しいことをやっています。82年と83年の更新数がかろうじて2桁あるのは、RTTYのせいでした。

 変更申請の添付書類によると、シャープのパソコン「MZ-80K」にインターフェースを介してRig(IC-710)をつないでいます。16進数のマシン語レベルのパソコンですから、現在世界の定番になっている「MMTTY」なんて素晴らしいソフトが入っているはずがありません。残念ながら、どんなソフトだったのか全く記憶も記録もありません。インターフェースもどんなものだったか「?」です。

 もっと昔に遡ると、諸先輩はガシャガシャと賑やかな騒音を出す、正にテレタイプ・マシーンをハムに転用していたのですから、その苦労は大変なものだったろうと想像します。RTTY一つをとっても、技術の進歩はすごいテンポだったのですね。 inserted by FC2 system