【ハムとの出会い】
 アマチュア無線というものに初めて遭遇したのは、1957年(昭和32年)に高校に進学し、電波部に入ったときでした。

 小学生の時に鉱石ラジオを組み立てたり、中学生の頃は電池管を使った携帯ラジオ(弁当箱くらいの大きさでした)を組み立てたりする、いわゆるラジオ少年でしたが、この頃はまだハムというものを知りませんでした。

 高校の電波部に入ったら、JA3AFB杉本さんという上級生がいて、この部室を常置場所にして予備免許を受け、開局準備をしていたのです。受信機は覚えていませんが、送信機の終段管は6CA7という本来オーディオに使う真空管でした。プレートはトップに出ていなくて、こんな球を送信機に使えば自己発振するのは当たり前で(当時は、こんなことは知りません。Hi)、先輩は苦労していたのを覚えています。

 部室に無線局があり、電波に興味津々の高校生が何人もいるのですから、先輩がいない時に何が起こるか、想像してみてください。もう時効とはいえ、若気の至り。いろんなイタズラをしたものです。先輩...ゴメンナサイ。 inserted by FC2 system