【1960年代】 CW,SSB,50W etc...
 1960年代は、変更申請を繰り返し、免許の内容が目まぐるしく変わった時期でした。制度がどんどん変わり、運用できるモードやパワー、周波数などが拡大していったからでもあります。

残っている書類をもとに時系列で並べてみると;

・1960年6月 7、100〜7,150KHz帯、50MHz帯を追加
・1960年8月 A3(CW)を追加
・1960年11月 28MHz帯を追加
・1961年7月 14MHz帯を追加
・1962年3月 21MHz帯を追加、28MHz帯を削除
・1963年1月 HF帯、50Wにアップ
・1963年5月 HF帯(7,14,21MHz帯)でA3J(SSB)開始、10Wに変更
・1968年5月 常置場所変更
・1968年6月 28MHz帯を追加、50MHz帯を削除
・1969年3月 50Wにアップ

 1960年代で特筆すべきことの筆頭は、CWを始めたことでしょう。交信相手は海外にも広がります。 そして、第2のトピックは、SSBを始めたこと。パワーもSSBを始めた時に一時10Wにダウンしますが、やがて50Wに戻します。

 7,100〜7,150KHzの免許は1960年12月31日までの時限的なものでした。わずか半年ほどで、ログを見ても詳しい記述はないので、つかの間のワイドバンドをどの程度楽しんだのかは「?」です。

 常置場所を変更したのは、1966年の結婚に伴うものですが、なぜか1年半ほどのブランクがあるので、結婚直後はアパートに引っ越したため、一時QRTしたのではないかと思います。 inserted by FC2 system