定点観測・阪急伊丹駅

 阪急伊丹駅は、1995年1月17日の阪神大震災で全壊しました。元の伊丹駅と新伊丹駅との中間に仮の伊丹駅を 設置。98年秋の完成を目標に「弱者にやさしい」新しい伊丹駅の工事が進められました。

震災直後の伊丹駅
震災で全壊した阪急伊丹線の終着「伊丹駅」(毎日新聞社提供)



伊丹駅と新伊丹駅の中間にある伊丹“仮”駅
(98年2月4日撮影)
伊丹“仮”駅


inserted by FC2 system