Oval Hall       99.11.26 記

平面図  オーバルホール、英語で綴ると“Oval Hall”。あのクリントン大統領の執務室は“Oval Room”というそうだが、タマゴ形というか、楕円形というか、平面図をご覧になればわかるように、床の形は四角形ではない。並のホールとはちょっと変わっている。

 メーンの床の長径は25m、短径14m。ステージの間口は10m、奥行き6.8m。シアター式で最大486席、机を入れたスクール式で333席を収容できる。地下1、2階の吹き抜け構造で、地下1階の入り口を入ると、ゆったりとしたロビー。パントリー、控室も備えており、講演会やシンポジウムはもちろん、試写会、展示会、パーティーなど何でもOKの「多目的ホール」だ。

 設備面の売り物は、180インチの大型ハイビジョン。多彩なAVソースや衛星放送などニューメディアにも対応して、臨場感あふれる映像を楽しめる。

 行きがかり上、まずはPR100%となったが、このホールは、梅田の一角に位置する地の利、新聞社の看板、それに安い料金と3拍子そろって、93年4月の正式オープン後の予約状況は、ほぼ満杯だった。もちろん、この順調な滑り出しの背景として、ホールがまだ形のない頃から営業活動に汗を流した私の前任者H氏の功績を忘れてはならない。


オーバルホールの公式ホームページは ;  http://www.ogc.ne.jp/oval inserted by FC2 system