【リンドス】 ΛΙΝΔΟΣ

 2日目は公の施設は休みと聞いていたので、郊外のいくつかの候補をガイドブックで見て「さて、どうしよう」と悩んだが、バス停でダイヤを調べた結果、ロドスが始発で終点で降りればよいリンドスに行くことにした。新市街と旧市街の境目にある東方面行きターミナルから約1時間15分。運賃は@3.7ユーロ。途中、乗客の出入りはあったが、終点で降りたのは私たち2人と新聞配達のおじさん、合わせて3人だけだった。車内では、往復ともしっかりと検札があった。

 バスを降りると、頂上のアクロポリスと、その下に広がる白壁の村が見える。村全体が政府によって考古学遺跡の指定を受けていて、車は乗り入れ禁止だそうだが、この日は工事の車が頻繁に行き来していた。店もほとんどが閉めている。村の中の複雑な道を登って行くと、やがてアクロポリスに出る。月曜日は休みと聞いていたので外からだけ見学して帰るつもりだったのだが、なんとチケット売り場に人がいて「入っていいよ」と言う。修復工事をしているので開けていたらしい。「ラッキー!」と@6ユーロを払って中へ。

 アクロポリスでは、黙々と地味な修復作業が行われていた。観光客は私たち2人だけ。これだけの遺跡を貸し切りで見られるなんて・・・(^_^;) 帰りのバスまで時間があったので、開いていたカフェでトーストとカプチーノの軽い昼食をとった。 inserted by FC2 system