【ミニチュアの街“Madurodam”】

 訪れた人が誰でもガリバーになってしまうオランダで一番小さい街「マドローダム」(Madurodam)は、各国の大使館が集まっているデン・ハーグにある。アムステルダム中央駅から列車で約50分。デン・ハーグ中央駅の前から出ているトラム9番に乗って、3kmほど。トラムは往復2.20ユーロ。マドローダムの入場料は、12ユーロ。

 マドローダムは、縮小25分の1で本物そっくりのオランダの街を再現している。空港、港などインフラをはじめ、著名な建物などの街並みが精巧につくられており、例えばセント・ジョンズ・バシリカ(聖ヤン大聖堂)は、45万ユーロもかかったというから、驚く。樹木もモデルに合わせて短く刈り込まれている。

 マドローダムは、1952年7月に開園した。第二次大戦中、予備騎兵隊中尉として戦い、1945年戦争捕虜の身で亡くなったジョージ・マドロの名にちなんで付けられた。ボーン・ファン・デル・スタルプ夫人が、ミニチュアの街を通して、サナトリウムへの資金援助を計画したもので、現在は「マドローム助成基金」が青少年に向けた慈善事業を援助している。

 くわしい情報は; http://www.madurodam.nl inserted by FC2 system