【トイレ】

 トイレが近いので、いつも旅行に行くときは事前調査に力が入る。ガイドブックによると、バルト3国のトイレ事情は必ずしもよくないようだ。

 エストニアのタリン旧市街は約2.5kmの城壁に囲まれた小さな街だが、有料トイレは2カ所のみ。3クローンの定価が表示されていて、きっちりお釣りをくれる。有料トイレ以外では、小さなしゃれたカフェ(喫茶店)が穴場で、コーヒーは10クローン(約100円)も出せば飲める。トイレ代を3クローンとすると、コーヒーは7クローンの勘定だ。

 ラトヴィアのトイレは0.2ラット(約40円)。スイグルダのトゥライダ城では、立派な領収書 Receipt of toilet=写真左をくれた。旧市街にある百貨店1Fのトイレは0.1ラット(約20円)と安いが、有料だった。ところが、スポーツクラブのある5F?のトイレは無料。これは調査不足だった。(^_^)

 リトアニアでは、トラカイ城のトイレでやはり領収書をくれた。0.4リタ(約12円)。個室の(トイレ Toilet room=写真右)は、水がどう噴き出すのか不明の不気味なタイプ。記念写真を撮るだけにした。

 3国のトイレに共通していて困ったのは、その高さ。身長173cmの私が、せいいっぱい背伸びしないと届かないのが多い。こちらの人は、こんなに股下が長いのか。そんなはずはない。170cmより低い人はいくらでも見かけた。なぜなんだろう。???? inserted by FC2 system